勉強

【アフィリエイト】ロングテールアフィリエイト:基礎編

こんにちは。satouと申します。
今回はアフィリエイトについて記述していきます。

アフィリエイトをしている95%の人は、月に5000円も稼げないと言われている昨今で、果たして少しでも稼ぐことができるのか、自分のブログを使い試してみたいと思います。

ちなみに、自分はアフィリエイトについてもブログについても何も知らない初心者です。(前の記事を読んでいただければわかりますが記述も稚拙なところがいくつもあります…)

そんな私がこれが稼げるのであれば他の人にも共有をしたいと考えています。
そのまず第一歩としてやっていこうと思います。

アフィリエイトの中でも気になったのが安定収入が期待されている
ロングテールアフィリエイト」です。

こちらからも見れます

ロングテールアフィリエイトとは

ビッグキーワードを狙ってアクセスを狙う従来のやり方とは別で、ニッチなキーワードを使って少しずつ集客をやっていく方法です。

以下の考えはその手法とは違います。

・ビッグキーワード狙って大量のアクセスを集める
・とにかく定期的に記事をアップしなければならない
・SEO対策命!
・効率的に稼ぐ!
・バナー広告を貼れば、誰かがクリックしてくれるかも
・アフィリエイト商品はたくさんあった方が有利!

基本の積み重ねが一番大事です!

1ヶ月で5万円を稼ぐことが当面の目標

行動をするまでに基本的なアフィリエイト手法について考える必要があります。

その1 独自ドメインでの運用

無料ブログではお手軽な反面コンテンツを削除されるリスクがあります。
その点、独自ドメインではそのようなリスクを負う様なことはありません。

その2 「売れるものを売る」が大原則

レアな商品に手を出す必要はありません。
アフィリエイトの良いところは「売れるものや売れているものが普通に売れる」という点です。
普通のお店のように、「在庫が無くならないから、売れないものも頑張って売る」と言う必要はないです。

その3 決して売り込まない

これはセールスの鉄則でもありますが、売り込みや押し売りは決してやってはいけません。
アフィリエイターの仕事は物を売ることでは無く、セールスページへユーザを導いてあげることです。

その4 アフィリエイトの真髄でもあるキーワード戦略

キーワード戦略と言っても色んな解釈があると思いますが、簡単に言うと
「キーワードにも、成約しやすいキーワードと成約しにくいキーワードがある」ということです。

このキーワード戦略を身に付けることは、アフィリエイトをやる上で常に考えるべきテーマであり、日々勉強しなくてはいけないところです。

「毎月発生する安定収入」を得るために

細かいアクセスをかき集める必要があります。
そのため、ビッグキーワードには頼らずに、一般的にニッチ層と言われる検索数が少ないものを狙います。

もちろん、検索数が少ないと言うことは、そのキーワード単体によるアクセスはほとんどありません。
しかし、この様な検索数の少ないキーワードを数多く狙うことで、最終的にサイトに集まるアクセスはビッグキーワードで集まるアクセス数を超えることもできるのです。

もう1つの理由としては、ライバルが少ないため、上位表示が比較的簡単にできるのもメリットといえます。

イメージとしては、記事1つ1つがアクセスの入り口になっているという感じです。

アフィリエイトにおけるロングテール戦略

アフィリエイトには、人気のキーワード(ビッグキーワード)と人気のないキーワード(ニッチなキーワード)と言うものが存在します。
ロングテール戦略とは、このニッチなキーワードを片っ端から狙っていくという戦略です。

ロングテールによる集客のメリットとデメリット

ロングテールによるメリットは、アクセスが集めやすいと言うことです。
ビッグキーワードでアクセスを集めるには、強豪ひしめく中で上位表示を狙わなくてはなりません。

しかし、ニッチなキーワードは需要が無い分ライバルも少なく、キーワードによっては記事を書いた瞬間に1位をとることも可能になります。

一方、デメリットもあります。
それは「時間がかかる」ということです。
ニッチなキーワードを掻き集めてアクセス数を稼ぐということは、当然、それ相応の記事数が必要になってきます。
ロングテール戦略に必要な記事数を書くには、かなりの時間が必要です。

結論:地道な作業を延々と繰り返す必要がある

と言うことです。

王道の手法なのに、やる人が少ない理由

アフィリエイトサイトが最低限満たすべき条件をクリアしていないサイトが多い。

条件は以下の3つです。

1. ユーザーのためになるサイトであること
2. 情報量を持った(詳しい)サイトであること
3. 管理されているサイトであること

1. ユーザーのためになるサイトとは

何かしらの悩みを抱えていて、それを解決する手段が自分ではわからなかった。

このサイトなら悩みが解決できそう!

と言う様に、悩みをかかえている人に対して適切な解決策を提示してあげられるサイトこそが、アフィリエイトにおける良いサイトであり、「ユーザーのためになるサイト」の定義です。

2. 情報量を持った(詳しい)サイトとは

情報量が多いと少ないでは多い方が信頼されますよね?

そこで注意していただきたいのが
「情報量が多いサイト = 多岐に渡る情報が盛り沢山のサイト」
では無いと言うことです。

そうでは無く、
「情報量が多いサイト = 専門性が高い、深く掘り下げたサイト」
だと言うことです。

例)パソコン全般の情報では無く、Windows10の使い方に特化したサイト
パソコン全般についての記事が100あるのと、Windows10の使い方に絞り込んだ上で、色んな角度から掘り下げた記事が100あるのとでは、明らかに後者の方が「情報の質が高い」と言うことになります。

3. 管理されているサイトとは

「定期的に更新されているサイト = ユーザーに最新の情報を提供し続けている優良サイト = だから検索エンジンが認める」
と言うことが大前提としてあります。

放置されたサイトと更新され続けているサイトでは後者の方が信頼がありますよね?

「情報の質」も重要ですが、「情報の鮮度」も重要です。

愚直なまでに実行し続ける!

ここまでの話をまとめると、次の作業が必要であることがわかります。

要点まとめ

1. ユーザー目線に立ち、何を必要としているのかを自分の頭で考える
2. 絞り込んだテーマについて、深く掘り下げた記事を大量に書く
3. 記事の更新やサイトのメンテナンスを定期的に行う

これらを実行するためには、特別なスキルは必要ありません。
やろうと思えば誰でもできること。それを、愚直なまでに実行し続ければ良いのです。

ですが、それができない理由が次になります。

続かない理由

・結果が数字に表れるまでに時間がかかる
・ドカンと大きく稼げるわけではない
・だから、やる気が続かない

要は、
「本当に稼げるのか?」
「月に数万のために、延々とやり続けられるのか?」
という疑問や迷いが生じてしまうわけです。

あなたのサイトのアクセスが安定しない理由

「一時的には稼げていたのに、急に稼げなくなった」
「あるとき急にアクセスが激減した」
と言った原因は
「ビッグキーワードへの依存」が挙げられます。
ビッグキーワードによる上位表示は非常に不安定です。
たとえ運良く上位表示ができたとしてもビッグキーワードで上位を狙ってくるライバルたちはいずれも強豪ぞろいなので、いつ抜かれるかわかりません。

複合キーワードを狙う

複合キーワードを狙う最大のメリットは、
・競合がいない
・少ないところで効率的に上位に表示させる。

なので皆が皆同じことをやっていては何の意味もありません。

一見、キーワードから外れているっぽいものであっても複合キーワードの対象にいれられると言うことです。

この事は、ロングテールアフィリエイトの核となるので、しっかりと覚えておきましょう。

1つ1つの記事をサイトへの入り口にする

小さな入り口を数多く作る

ロングテール戦略を実践するためには、ニッチなキーワードを数多く狙わなくてはいけません。

記事タイトルにニッチキーワードを含ませて、単一記事それぞれでの上位表示を目指すと言うやり方を採用します。

例)従来のダイエットサイトをつくるのであれば、「ダイエット」というビッグキーワードをサイトタイトルに含ませ、上位に表示するためにSEO対策を行います。
一方で、ロングテール戦略では、サイトタイトルにビッグキーワード(ダイエット)は入れますが、上位表示を狙うためではありません。

ロングテール戦略の場合、重要なのはサイトタイトルでは無く、記事タイトルで
「ダイエット お腹 運動」など、1つのロングテールキーワードにつき1つの記事を書いていきます。
イメージとしては、記事1つ1つをサイトの入り口として考えるのです。

キーワードを選定する

ロングテールキーワードを適切に選定できるかどうかが、アクセスを集められるかどうかの分かれ道です。

基本的なキーワード選定は、Googleのキーワードプランナーという無料のツールを使います。
このツールは、「そのキーワードが月間でどれだけの検索回数(月間検索ボリューム)があるのか」を数値化・グラフ化して見ることができると言うものです。

キーワードを先回りする

キーワードプランナーなどのツールを使って、検索されているキーワードで記事を書く。
これも重要ですが、本当のキーワード選定とは、ユーザーがこれから検索するであろう潜在的なキーワードを見つけ出すことです。

アクセス解析からのキーワード選定

精度の高いキーワード選定をするためには、自分のサイトに設置しているアクセス解析から選定するというやり方が効果的です。
アクセス解析はGoogleアナリティクス がオススメです。

終わりに

わかってはいた事ですが、何事も簡単にできることは無いみたいです。
少しずつ地道に記事を更新してやっていこうと思います。

大事な事はやり続けていく事だと思うので、日々更新をしていこうと思います。

結果などはまだまだ先の話ですがいずれ出てくるのを目標に頑張ろうと思います。